アス@ぐうたら日記 2010年11月
アスの読んでもきっとためにならない日記ヾ( ´ー`)ノ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの聖もとい、銀行係は露店しか見に行かないのに即ポがなくなる不思議。
まぁ、なくなるものはなくなるので買い足しに行ったところ
ろお
※多少ピリピリしていたので口調が壊れ気味です。
とりあえずそんなときに雑草まで見せてもらったもんだから警戒心MAXなわけで・・・

ろお1
※多少ピリピリしていたので口調がry
イアにも銀行係のIDだけ作ってあるけどo(*・・*)ノェィェィに
一度だけ会いに行ったっきりのはず。

ろお2
イアにもいたらしいりきゅん。
イアの鯖落ちはもっとひどかったらしく一時避難していた方だったようで。
珍しい機会なので色々会話ができて個人的にはありがたい出来事に

オマケの物好きな方
ろお3
取引関係のメモを送ってその返事できた時の内容なんだけど
わざわざうちのブログでぷにっていくとか珍しい方だった。

っていうか知り合い以外で見てるヒトいたんだ(
スポンサーサイト
笑1
この顔にピンと来たらalt+F4おいしいです
わざとくらってみたけどDEX200でも当ててくるので賊だからって余裕こかないこと。

ちなみに追いはぎ犯である
本当はお休みの予定だったのだけど
ギルメンの一部が門!門!って言うので攻め権を取って出ることに。
おしろせめ
せ、攻めいねぇ・・・途中で全体的に増えたからいいものの・・・
土曜日のあの盛り上がりが嘘のような少なさだった。
勢力でさえ見れば、攻め7:守り3くらいだったかな?
問題は勢力がいくらあっても落とす気があるギルドがその何割かだと思うけど・・・
実際のところ落とす気があって、なおかつ落とせる可能性のあったギルドは2ギルドくらいだった。

今回うちのギルドも落とす気0だったので自分は王座にさえ近づかない方向で遊ぶ事に。
通りかかる守備には復帰妨害をし、見かける攻めには片っ端からカムをかける
普段とは違った戦法でやってみた
こ、これはコレでおもしろいポジションかもしれない・・・。
問題はビーム耐性がまるでないのでbでもないとやっぱり飛ぶっていう

次回も攻め予定。今回ユニも組んでなかったので次回は組もうかな・・・
お城でござった。ちなみに王座PTなんて作ってたけど
ほとんどを遊撃に回してたっていう・・・
おしろー
まぁ最低限の対策だけしといたけど。
対策といっても王座PTに戦士は入れない方向で・・・
ちなみに守備参加人数は28人
王座戦をいきなり展開なんてしてもワンパターンでつまらないので
王座にSS程度の人数を残し、残りで内門マップ戦へ
っていっても内門の様子は知らないけど。
そんな感じで50分ごろ遂に内門が破壊された様子
またDPHで周りとばしてシャーブで終わりかーみたいなことが
過ぎったけどそのまま守城成功

自分らが攻めの時は攻めにシャーブがおらず、守りの時は攻めにシャーブがいるっていう・・・
あってもいいけど必中って部分なくならないかなー・・・(聖が王座の時代でも来るのかコレは

次回はどんな布陣しこうかなー
銀行ギルドが戦闘ギルドに昇格してからはや何日だったっけ忘れた数えてない
募集を仮にすることになっても決めてたことだけど箇条書きにしてみよう
・ギルハンなし!(定期狩りがないだけ
・普段は自由行動
・揉め事起こしたら自分で解決したまえ
・お城は出るからには楽しもう new!

うん、少ない・・・
他ってわざわざ書くことでもないしね。
短くなるので最近のロオのお城の事でも書き足しておこう

ちょっと前にお城落として城主を1回したんだけども一部からは好評?だったようで・・・
しかし、個人的にシャーブが怖いです。
戦術的には頭を使うので尊敬する反面、飛ばせばそれだけで片付くっていうお手軽さが。
シャーブ対策といえば必中スキルが実装された以上囲みこむしかないのだけど
これをしてしまう=一部の守備が退屈&王座ガチガチなワンパターン戦法になってしまう
っていうことで個人的には守備しきって満足ではなく、楽しんだ上での防衛成功を目指したい感じにやってました。
見事にシャーブくらっちゃって守りきれなかったけど・・・
まぁ、楽しむっていうのも人によって定義が違うだろうから難しいところになりそうだ。
そういう意味で一部のブログのヒトだけでも楽しめたといってくれるのは嬉しかったり

現状良くも悪くも一番城のバランス悩ますのが高レベル魔なんだよね・・・
攻めに多く揃えば全部吹っ飛ばして終わるし、守備に多けりゃ攻めがやる気なくすほどの威力になるしで。
シャーブの次くらいに悩ましい課題になりそうだ。
個人的には接戦が一番好きなのでシャーブはあきらめてるけどね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。